タンザニアについて

気 候

文字バー
moutains

タンザニアは年間を通して暑く、沿岸部は暑くて湿気の多い熱帯気候です。
中央部は乾燥していて、 山岳地は半温帯です。
高原地域は、季節によって気温の差があり、もっと乾燥しています(キアンガジ)。
北部、ビクトリア湖周辺に向かうにつれて総降雨量 は増加します。雨は3月から5月の間をピークに年間を通して降ります。

タンザニアには雨季が2回あります。3月から5月にかけての雨季は雨量が多く「大雨期(マシカ)」、11月から1月にかけては、雨量は少ないです「小雨期(ブーリ)」
大雨期(マシカ)には、早朝に大雨が降っていても、日中には止むことが多く、午後には太陽が顔を出すこともしばしばあります。
「小雨期(ブーリ)」には、小雨が降り続きます。

6月から10月にかけては、北部の高地では約10℃、沿岸部では約23℃と、地域によって気温の差があります。
12月から3月にかけては、晴れの日が多く、気温も20℃から30℃となります。

旅行に適したシーズンは、1月、2月で、観光客も多く訪れます。

詳細は、Tanzania Tourist Boardをご覧下さい(英語のみ)