FAQ

通関・免税品目

文字バー

個人使用のための双眼鏡、カメラ、フィルムを含む所持品を免税で持ち込める場合もあります。

ビデオ/フィルム機器、ラジオ、テープレコーダー、楽器を持ち込む方は通関証書が必要となる場合もあります。これらは出国時にすべて返却されます。

免税範囲は、たばこ200個か葉巻き50本またはタバコ250グラムと16歳以上の旅行者に酒類1パイント。特別許可無しに小火器(短銃など)を輸入するのは犯罪です。

出発時に、税関から、国内で購入して、国外に持ち出す物のレシートを見せるよう要求されることもあります。