観光・文化について

ザンジバル

文字バー
zanzibar sunset

ザンジバル島はタンザニア海岸から約35キロメートル沖合にあります。
夕日の名所としても有名です。

ザンジバルという名前だけでも夢のようなロマンスとミステリーをかきたてられます。
何か触発されるような楽しみいっぱいの休暇を求めている、団体旅行には飽きた旅行者を失望させません。

ここは世界が出会う場所、アラブとアフリカが出会う場所です。かつては奴隷・象牙貿易の中心地でした。 インドや極東からだけでなく、ヨーロッパやアメリカからも物資を積んだ船がやって来ました。 今日でもインディアン・バザールが開かれています。世界最大の丁子(クローブ)市場もあります。

stonetown1

かつて島を支配したオマーン人は白塗り壁の建築を持ち込み、今でもそれは良好な状態で残っています。 スルタンの宮殿、アラブ砦、ザンジバルで一番高い建物「ベイト・エル・アジャイブ(不思議の家)」もそのような建物です。

zanzibar man

ザンジバルに来た人は、ザンジバルへの旅は時をさかのぼるようなものだと必ず言います。 植民地主義と探検の時代の雰囲気を残し、奴隷市場の跡は過激な搾取の時代を鮮やかに思い出させます。
奴隷は大陸内陸部からここまで、時には1,000 マイル以上も行進させられたと言います。彼らはここで、商人たちにほんの数日の間に売り払われたそうです。
ペルシャ様式の「ハマムニ・バス(浴場)」の近くのキリスト教大聖堂は、屋外奴隷市場の場所に1879年完成した、歴史的にユニークな所です。
ザンジバルの南の方には城壁都市キジムカジがあり、そこには900年ほど前のシラツィ・モスクの跡があります。

アクセス

ferry

ダルエスサラームから、船で1時間30分、または飛行機で20分

詳しくはZanzibar.NETをご覧下さい(英語のみ)